管理人日誌/矢野正善

TOP

管理人 日誌過去記録 INDEX

2009年7月 日誌
7月31日(金)


6時起床。ハウス内潅水。7時半シルバーセンターの方が5名来られ8時より第一圃場の草刈と草取りを始められた。17時までかかって約5分の4〔昨日の分も入れて)の草刈と、5分の2の草取りが出来た。私は第一ハウス内の草取りと、置き場所不明のカエデを探した。30本中18本まで見つかったが17時過ぎから雨が激しく降って来た。明日も潅水はハウスのみだ。一寸楽チンか。

写真: Acer elegantulum 赤紫色の花が咲く?



7月30日(木)

6時起床。ハウス内潅水。7時半シルバーセンターの方が2名来られ小雨決行で8時より第一圃場草刈を始められた。私は前庭の草刈をした。昼1時間休憩。午後は17時まで草刈をされた。途中休息を取りながらではあるが、私も疲れたが、皆さんも疲れておられた。老いては、きつい仕事である。

写真: Acer capillipes '2487' ホソエカエデ



7月29日(水)

7時起床。湿度か高い。潅水はハウスのみ。朝食後、山本議員かお見えになった。色々お話を聞かせていただく。後草取り。昼、友人にPCの部品(HDDの入替)を買って頂くのに、銀行へ行き送金をした。外食をして帰宅。15時過ぎ役所と設計者が来園。ざっとではあるが写真を取ったりされながら帰られた。その後、暗くなるまで草抜きをする。今夜は原稿かけるまで寝られない。

写真: Acer amoenum '3231' 葉尖に色が着く



7月28日(火)

5時起床。湿度か高い。潅水はハウスのみ。朝食後、小雨の中、合羽を着て、模擬公園内草取りをした。猛烈に暑かった。昼前来客応対。午後、模擬公園内の通路の刈り草を片付ける。一寸動くと汗みどろ。夕方来客応対。どっと疲れが出たが気分は爽快だった。精神的には動いている方が良いが、体力はついていかないのが残念。

写真: Acer amoenum '1803' オオモミジ



7月27日(月)

5時起床。湿度か高い。潅水はハウスのみ。朝食後、模擬公園ない草刈をする。午後、役所来園カエデの記録取りに付いて話し合う。後、朝の続きをした。通路は、何とか刈れたが全くの雑なものである。後は手で抜くより方法がない。山野草が雑草に覆われて見つけ出すのが大変だった。後は手で刈るより方法なし。

写真: Acer palmatum 'Saotome' 早乙女



7月26日(日)

5時起床。湿度か高い。ハウス内のみ潅水。一日中、雨が降ったり止んだり。止んだら道路脇樹木剪定、草刈、後掃除。降ってきたら、PCで講演用のスライド作りをした。夕方17時、日が差し出したので食料仕入れに出かける。帰りは霧雨状態。蒸し暑く登り坂、家にたどり着いた時は茹蛸状態。水分補給は怠らなかったが、お腹の調子はひやひやもの。

写真: Acer grisum  血皮槭 (中国産)



7月25日(土)

5時起床。朝の潅水なし。通路脇植木の剪定と草刈。来客対応。後、通路脇植木の剪定。午後、ハウス内潅水。来客と山野草を見に行く。目的のもの見つからなかった。夕刻、通路脇植木の剪定。一日雨が降ったり止んだり、蒸し暑い日だった。頭で考えるほど体は動かないので物事が片付かない。

写真: Acer japonicum 'Green Cascade'



7月24日〔金)

5時起床。5時半より助っ人と共に潅水。9時終了。続きに助っ人10時まで模擬公園の草取り。私は電柵下の草刈を13時までする。S御夫妻の誘いを受け買い物に出かけた。作業用の長靴が1ヶ月も持たないので、丈夫なものを買った。手押し草刈り機、庭用折りたたみ椅子など真剣に見たが買えなかった。

写真: Acer cappadocicum 'Auratum'



7月23日(木)

湿度が高いので朝の潅水はハウスのみ。枝垂れ系の小さな苗木は支柱を立てて背丈を作る必要がある。枝に無理の無いように作業をする。後、カエデ選別の記録漏れを探す作業をする。昼前、来客応対。15時食料仕入れに出かける。日が射すと暑い。何ヶ月ぶりか散髪をして帰った。さっぱりとした。

写真: Acer palmatum 'Kagawa-nishiki'香川錦〔四国産)



7月22日(水)

湿度の高い朝、潅水なし。6時起床。廻覧する。
8時来客。後、PCで昨日の日誌を書き、置場番号のカエデ本数表完成させプリントする。午後、道路沿いの植木の剪定と道掃除をする。蜂の居る所で慎重に刈り込みをしたので疲れた。夕方笹竹を取って来て物差しを作る。皆既日食の暗くなるのをPCに集中している間に終ってしまった。

写真: Acer palmatum 'Taiyo-nishiki-kawariba'
                    大陽錦変葉二次芽



7月21日(火)

雨の朝、潅水なし。ゆっくりと朝食をとる。カエデの名札の痛んだのを作りなおす。PC内の整理。午後、第一ハウス内潅水。後、名札を差し替える作業、場所番号のカエデ本数を調べた。記録したものと異なる数値が少し出た。暗くなるまでやったが解決に時間がかかりそうだ。。

写真: Acer pubipalmatum 'Momiji-gari'鶏毛爪槭(中国産) 「もみじがり」 葉形はイロハモミジに似るが、葉の両面、1年枝に毛がある。鋸歯が細かい。紅葉はコハウチワカエデに似る。



7月20日(月)

4時雷と雨音を聞き7時まで眠た。朝食後、カエデの植替。その後PCで3ヶ月も放置していた紅葉同好会の回覧帖の原稿を書き写真をいれ、新しい品種などの紹介。昼、来客、草刈機の紐を買って来てくださった。16時来園者4名あり、夕食のおかづ、お土産、組み立て式テーブルまで頂いた。皆さんでコーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごした。夕方垣根の剪定と、草刈機に新しい紐でためしてみた。

写真: Acer sieboldianum 'Kamisaka-nishiki'
               コハウチワカエデ 神坂錦



7月19日(日)

5時に目が覚めたが助っ人は潅水始めていた。少し湿り気があったが日照りになれば困るので全部に潅水、8時半終了。1部小ポットのカエデの植替えをする。来客応対。昼食後、2組の来園者あり、一人は熱心にカエデを見、写真を撮られ、話も良く聞かれた。今後、何かお手伝いをしたいと申し出られた。外国に強い方だった。いずれお世話になることでしょう。

写真: Acer pentaphyllum 五葉槭の1年生
                成長につれ葉が細くなる。



7月18日(土)

5時に目が覚めたが、潅水必要なしと見て寝てしまった。活動始めたのが7時半。朝食後、ハウス内潅水。1部植替え、草抜き、小苗に支柱を立てる。昼前来客。昼食、郵便局、食料買出しをかねて町に出る。蒸し暑く体がだるかった。帰りの上り坂は心拍数最大。夜、温泉行きの誘いを受け出かける。痛い所が表に出てきた。明日が楽しみだ。

写真: Acer griseum 血皮槭(中国)


7月17日(金)

5時半起床。6時より助っ人と共に潅水。9時終了。カエデ、草花の植替えをした。後、カエデの調査の不明分再調査をした。朝から雨の予報だったが、15時ぐらいから雨が降り出した。PCで講演用のスライド製作をする。奈良公園のカエデの写真選択、古い木を見つけるのに苦労した。

写真: Acer matsumurae 'Emerald Lace'



7月16日(木)

5時起床。5時半より潅水。助っ人6時前より潅水10時に終る。10時半雑誌の取材に2名来られた。圃場のカエデ説明をする。昼食、外で御馳走になる。午後、PCより必要な写真引き出す作業をし、手渡す。夕方来客あり。

写真: Acer crataegifolium ウリカエデの果実



7月15日(水)

5時起床。5時過ぎより潅水。助っ人5時半より潅水8時に終る。朝食後、PCで原稿仕上げ送信する。昼は最も暑いとき来客応対。午後、役所とカエデの照合、場所きろくをとる。夕方、来客応対。夕方総ての鉢が乾燥気味だった。潅水も多めにしないと持たなくなりそう。

写真: Acer palmatum 'Kasane-jishi' 重獅子



7月14日(火)

5時起床。5時過ぎより潅水。助っ人急病にて、急遽、会長が6時半から1時間助っ人役。8時朝食30分間休み。後、潅水。10時猛暑に耐えかねて30分休憩。後、11時半まで潅水。家に入って椅子に座ったまでは覚えているが、気が付くと13時半だった。昼食後、外に出る勇気無く、締め切りわずかの原稿を書く。夕方来客。後、Sさんの車に便乗、食料買出しをした。

写真: Acer matsumurae 'Koriba'



7月13日(月)

5時半に起床。すぐに潅水をする。6時助っ人潅水。10時完了。予報と異なり快晴の真夏日。暑くて外は無理。午後、会長親子で第3圃場のカエデの剪定をされた。私は役所と帳簿合せ。第二圃場を終了させる。

写真: 第三圃場のカエデ移動させるための強剪定をされた。



7月12日(日)

5時前に起床。すぐに潅水をする。6時助っ人潅水。8時過ぎ完了。予報と異なり快晴の真夏日。暑くて外は無理。PCにて原稿を書く。15時少し曇る時が出来たので脚立一杯使っての剪定を始める。17時来客。やっと涼しくなり話が弾んだ。19時来客植物育ての会話。蜂に刺された後が腫れている。時折かゆみがくるが、何かをしていると完全に忘れている。

写真: Acer palmatum 'Itami-nishiki'



7月11日(土)

5時目は覚めたが体が動かなかった。6時園内見て回る。昨夜の雨で潅水なし。庭の草抜き、剪定後の落葉掃除。昼、外食と、食料買出し、思う物が無かった。帰宅後、5m程のマキの木の選定をする。梯子と木の枝でのアクロバット。何とか頂上まで選定が出来た。3日前蜂に刺され手の甲が腫れている,その上に又刺された。

写真: Acer matsumurae 'Viridia Green Globe'



7月10日(金)

6時起床。曇ってはいるが西の空が明るいのでカエデ全部に潅水をする。今朝方大きなポット植えのカエデがかなり倒れた。助っ人も来。潅水後、ポット内の草取りもした。昼食御馳走になる。午後は庭木の剪定とその下に落ちた枝葉を掃除する。今日の天気予報では、午後70パーセント雨なのに、一日中地面が濡れるほどの雨は降らなかった。最近予報が異なる事が多くなった。温暖化がそうさせているのだろうか。

写真: Acer amoenum 'Koko'



7月9日(木)

4時半に目が覚めたがテレビを見ながら7時まで布団の中。朝方雨だったので潅水は第一ハウスだけ。名札の修正を4個した。来客応対。昼より昼食、食料買出しに出た。帰宅後、庭木の剪定をしてが、例会の時間を忘れ慌てて準備をし、車に便乗させて頂き出席した。

写真: Acer matsumurae 'First Ghost'



7月8日(水)

5時に目が覚めた。一通り見て回ったが潅水必要なしと見た。6時助っ人が来られたがお茶を飲みながら雑談。朝食後、来客応対。後ハウス内のみ潅水。草取り。午後、来客応対しながら草取りをする。後、カエデの整理整頓と同時に草取り。この時期の草の成長はすこぶる早くポットの土が見えないくらいになっている。

写真: Acer ginnala 'Yu-duki-nishiki'夕月錦
    別名=唐子木黄斑



7月7日(火)

5時に目が覚めた。雨で潅水なし。久しぶりにスーツを着た。9時会長の車で出かける。会から4名出席。橿原神宮養正殿で西岡友秋氏旭日単光章受賞記念祝賀会が開かれた。160余人の参加者。植木業界の方だけに皆さん日焼けした元気なお顔であった。大勢御挨拶、祝電披露、花束贈呈、乾杯。最後のバンザイ三唱。帰宅後コーヒーを飲んで一段落。後、庭木の剪定をする。

写真: 職員より花束贈呈



7月6日(月)

6時起床。圃場はしっかりと濡れているので第一ハウス内のみ潅水。会長来園、明日の打合せ。
後、庭木の剪定をする。午後、帳簿合せと移動するカエデ選択、ポット内草取りをかねて、3名で行なった。夕刻、会長に教えて頂いた剪定方法を行なう。大変勉強になった。

写真: Acer matsumurae 'Emma'



7月5日(日)

6時起床。圃場はしっかりと濡れているので第一ハウス内のみ潅水。来客3組応対。カエデの小鉢が葉焼けを起こしているので、寒冷紗の屋根覆いを作った。ハウス用パイプの古を利用し、古の寒冷紗の寸法に合わしたので、格好はよくないがカエデにはヤレヤレだろう。金鋸でパイプを切るのに力がいった。明日か明後日が心配。

写真: Acer matsumurae 'Red-Filigree-Lace'



6月4日(土)

6時起床。圃場はしっかりと濡れているので第一ハウス内のみ会員助っ人により潅水。楽をさせてもらった。緊急にと3月接木した苗の移動のため、活着の有無の仕分け、台木から出た芽掻き、失敗に台木芽を1つにする作業夕方までかかった。活着率欲目に見て60パーセント。帰宅後、鉢棚の上に寒冷紗をかけるポールたてをする。暗くなった未完成で時間切れ。

写真: 接木成功した苗木



7月3日(金)

5時起床。しっかりと濡れているので第一ハウス内のみ潅水。朝食後、昨年講習会で接木した苗の台木の新芽掻き落し、ポット内の草抜き。1部添え棒を付ける。昼、郵便局、食料買出し、外食、山野草会参加し寄せ植えの講習を受ける。さすがに、土、鉢の使用が全く理想的。カエデに使えば膨大な費用が掛かることだろう。帰り雨に会い、T氏に車で送っていただく。帰宅後,来客。

写真: 菟田野地域事務所の敷地内に植樹されている                      ヤクシマオナガカエデ



7月2日(木)

6時起床。しっかりと地面が濡れていたので、ハウス内のみ潅水。朝食後、草取り。昼すぎ、会員3名でクスノハカエデの剪定を兼ね、挿し木苗用に枝を拾う。昼食を食べ損なったので15時になった。後、PCの写真整理をする。夕方から庭木剪定をする。今日は一日思考能力を無くしていた。睡魔との闘い。

写真: Acer amoenum Rakushisya' 落柿舎



7月1日(水)

6時起床。第一ハウス内のみ潅水。8時、半K氏とカエデの取材撮影に出かける。樹齢150年のカエデをみつけるのは大変だった。後に補植され継承されている木はたくさんあった。曇後雨と予報されたが快晴夏日より喉が渇いた。帰宅後草取りをしたが、夕食後は夢遊病状態だったのか記憶が無い。

写真: Acer palmatum イロハモミジ (佐保川堤)

TOP