玩槭庭の報告過去記録

管理人 日誌過去記録 INDEX

2004年1月〜6月

6月11日
昨日、高井氏、川西氏、池田氏、他二名に同道し、岐阜に行ってきました。辻園芸、、ガーデン・チコリにて二種類づつと、珍種一種を高井氏が求められ、私が預かる事になりました。特に3種類珍種は責任重大です。枯らさないように頑張ります。
夕べは興奮して寝られないかと思ったのですが、朝4時起きで夜9時帰宅なので、あっと言う間に寝たようです。

この二種類は入手できませんでした。
5月20日
私のミスでkcnからのホームページ転送のアドレスが間違っているもので、ここにたどり着けない状態です。プロバイダーの中でも、やっとyahooJapanが修正してくれましたので「カエデ」と入れていただければ、ここに来れるようになりました。ご迷惑をおかけしました。
雨が多く、水やりは助かるのですが、カエデの見て回る機会が少なくなるので、少々心配です。特に虫達の被害が雨など関係なく進むので油断大敵です。
この季節は、体がだるく製作意欲を無くすので困ったことです。気温差がそうさせるのでしょう。
5月5日
昨日、名古屋の小笠原亮先生、南アフリカのキルテンボッシュ植物園のグラハム ダンカンさん、豊明花かきの佐古田純哉さん、大阪府大の稲本勝彦さんが来られました。高井さんと私でお話をさせて頂き、色んな情報をいただきました。
4月27日
25,26日とアメリカ・オレゴン州のマッコウルズさん夫妻と高井邦博さんとご一緒しました。農場を三つも持っておられ、色んな樹木を増やし販売されている方です。特にカエデが大好きな、イギリスのメープル ソサエティーの会員です。
カエデを撮影されていても、名前の由来、何から生まれたのか、年代など詳しく聞かれ、熱心でした。25日は、1日玩槭庭で過ごしました。26日は、中島農園のモミジコレクション園、木器出張所、ガーデン植花夢、等に行きました。カエデの話と、カエデの新芽の綺麗なこと、かえでの写真撮影、奥様が日本人なので日本語でおしゃべりできることが何よりも有意義でした。夢のような二日間でした。

4月8日
3月28日高井さん、川西さん、川崎さんご夫婦に植え替えを手伝っていただき、西田さんのお昼の差し入れがあり、又も楽しい日を過ごさせていただきました。
4月6日最後の植え替えを高井さんが手伝ってくださり、やっと終了しました。
芽吹きが、いよいよ本格的になり写真の撮影と、通路の草取り、置き場に拡張?肥料置きがこれからの作業です。これ以上置き場を作ることは大変。でも皆押し合い圧し合いなので頭が痛いです。
3月14日、
今日、高井さん、川西さん、川崎さんご夫婦、西田さんが植え替えを手伝ってくださいました。または、西田さんがお昼の差し入れをしてくださいました。楽しく昼食が出来、大変うれしい1日でした。暖かな1日でしたので、かなり植え替えが進みましたが、私自身が体力不足で思うように動けなかったのが悔やまれます。
3月9日
先日からうれしいことが続きました。
まづは、アメリカのBuchholzさんからカエデの苗木を頂戴しました。大枚の税関手続料を支払って送ってくださったのには驚きと、感謝の気持ちで一杯です。
先日の日曜日、高井さん、川崎さんご夫婦が植え替えを手伝ってくださいました。また西田さんは、10時、4時のおやつの差し入れをしていただき、雪の舞う冷たい中だったので、共に感謝感激です。
ついに、八房系統が芽燐を割って新葉を覗かせております。奈良ではお水取りが終わると暖かくなると言い伝えられてきましたが、明日の予想気温は日中20度になるそうです。異常気象ですね。
3月2日
庭木の剪定が、やっと終わり、仕事と研究会等の頼まれごとなど色んな事が重なり、ついにダウンしました。1日食わずに寝ていたら、又する事がたまり2日目はふらふらながら用事の一部を済めせました。ピックリしたのはズボンのベルトの穴の位置が随分うちらになったことです。さァー植え替えだと言うのに体力をなくしては、どうしようもないよ。明日、まずは種蒔から始めようと思う。まだ種を蒔くのと言う人もいますが、新品種は幾らあっても楽しいもんね。
2月22日
庭木の剪定後1日で終われそうです。命綱をたよりの作業もやっとなれた時分で終了です。次の作業は植え替えです。先日、高井さんに手伝っていただいて赤玉土を48袋買って来ました。それだけしか売ってなかったのです。
ここ数日20度近い気温で乾燥はするし、芽を割ってくるものもあるので、心配です。
春が早く来ますと、春の彩が短期日になるので面白くありません。やきもきしますね。カエデの新入生がしっかり特色を出してくれないと写真が撮れないしね。
今年こそ、本に出ていないカエデの種類の写真を、このHP内で見てもらいたいのです。まー厚かましくも、やりたいことが一杯ありますね。欲張りですね。
2月3日
節分の日 庭木の剪定は、予定通りには行かないものです。あんのじょう、ヒマラヤスギは、ものすごい分量の枝葉が伸びているのです。それに枝の間に落ち葉がたまり、ものすごいゴミとなっています。今日は風が強かったので、庭中ヒマラヤスギの枯葉が飛んでいました。早く終わってカエデの植替えをしなくてはなりません。あせりますね。と言っても体は動いてくれません。1日で剪定できたヒマラヤスギが3日経っても出来ないのです。まだまだ剪定する木があるのです。
1月6日
いよいよ、庭木の剪定を本格的に始めました。今日は、まず、落ち葉掃除をしまして後、カジノキ、クロガネモチ、ウメ各1本剪定しました。木の高さ7m2本、3m1本。昨年剪定していなかったので、剪定した枝が半端な分量ではなく軽トラに積めばてんこ盛りあるくらい、ものすごい分量でした。ヒマラヤスギを剪定すれば、この3倍あるだろうと思うと一寸恐れをなします。
1月1日
あけまして おめでとう ございます
なるようになるさ できることはするさ 考えられることは考えるさ 
なんて格好の良いことを書きながら なんとかなるさ と思っています
今年もよろしくい願いいたします。

TOP