玩槭庭の過去報告記録

管理人 日誌過去記録 INDEX

2004年7月〜12月

12月27日(月) 00:30
今日より1月1日まで、ホームページ2004年用から2005年用に、園芸品種のページ、近況記録、get品種など改造しますので、書き込みをお休みさせて頂きます。
本当にありがとうございました。

12月23日(木) 23:30
昼から松ノ木の剪定をする。なかなか進まない。
HPの園芸品種のMの部分の一部を掲載した。これもなかなか進まない。

12月22日(水) 18:30
21日カエデの苗木19種類頂戴した。鉢に植えるのに慎重すぎたか何時間もかかった。 来年春、葉がでるまで楽しみが続く。
2005年5月31日〜6月5日草木のポストカード写真展をすることになった。またも時間のかかる用事を増やしてしまった。

12月20日(月) 22:30
昨日は頼まれ年賀状500枚。今日は私の年賀状250枚製作した。1つヤレヤレ。
庭木の剪定遅れている。庭の大きなイロハモミジ、まだ葉を色づけ枝にかじり付いている。

12月18日(土) 10:00
昨日、Maillotさんと、高井さんの案内で7軒見学してきた。高価な庭木の取引を、花材専門店の花材の豊富さには驚きと感心させられた。

12月17日(金) 04:50
16日フランスのMaillotさんが来られた。昼食から始まり夕食まで、カエデの話が尽きなかった。その余韻の興奮により、こんな時間に起きてしまった。今日は、Maillotさんのカエデ、盆栽の買い物に、お付き合いをする。わくわく。

12月14日(火)  22:00 晴れ
生活雑用に追われ、庭は、くるっと回る程度。大きな地植えのイロハモミジが、まだ
紅葉して枝にくっついている。地面は落ち葉のじゅうたん。ではあるが、後の掃除が大変だ。一寸良い事がありそうで、わくわく。


12月9日(木) 23:00 晴れ
O氏に教えて頂きPCを5日に戻したらメールが受信できた。やれやれ。最近MEIWAKUメールが多すぎて困る。
Maillotさんが16日17日に来られることが決まった。わくわく。

12月8日(水) 21:30 晴れ
昨日からメールが送信できても受信できない状態。OCNに問い合わせて色々やってみているが、修復できない。原因不明である。お手上げだ。
フランスのMaillotさんが15日ぐらいに日本に来られる。いろんな話が出来るので楽しみだ。 勿論、日本語でおしゃべりをする。楽チン。

12月6日(月) 22:00 晴れ
カエデの絵葉書が、500部もはけた。ありがたい。朝、落ち葉掃きをした。一汗かいた。昼から松の剪定を始めたが、2時間で降りてきた。後はカエデの枝抜きをした。20鉢したら日が暮れた。

12月3日(金) 22:00 晴れ
本職の仕事をした。疲れた。夜、HPをリホーム?(ちょこっとTOPだけ)。
カエデの絵を描いた布、見つける。カエデの写真アルバムに載せる。

12月1日(水) 23:50 晴れ
頼まれ仕事でカエデの紅葉写真が撮れなかった。何とその間に落葉してしまった。私が名前を付けたカエデ12品種をポストカードにした。欲しい人がいるだろうか。

11月28日(日) 19:00 晴れ
早朝、KT氏来宅、ひさしぶり。Ken Alston氏から頂いた枝で接木した苗木頂く。 来年の新葉が楽しみだ。庭のカエデも殆んど落葉。来年まで少々寂しい。

11月25日(水) 22:20 晴れ
今日も朝露が紅葉の上に乗っていて朝日が弱くあたっている間に撮影をした。
なぜか同じものを写し、未撮影が多くある。うまくいかないものだ。
毎回、2,5GBほど撮影する。USB2でHDDに保存する。時間が結構かかる。

11月25日(水) 00:10 晴れ
朝露が紅葉の上に乗っていて朝日が弱くあたっている間に撮影をした。昼からは、
雑用でつぶれる。やっとパソコンを動かす時間が出来た。

11月21日(日) 23:00 晴れ
生け花撮影の仕事があった。光と風とフレーミングの変化の中でのシャッターチ
ャンスは大変だった。でも参考になることも多かった。
20日(土)朝から紅葉の写真を撮っていた。良くも悪くも記録にしようと考えたが、
限度を感じた。友人の絵画展を見せてもらいに行った。知人と会い話が弾んだ。

11月18日(木) 21:00 雨
朝から雨、原稿書きをした。スムースに進んだが、後一話が書けず、お手上げ。
昼前、カエデを見たい人が来られた。小雨の中、庭を案内した。気の毒だった。
お土産に、お菓子を頂いた。古い着物の袖裏生地も頂いた。なんとカエデの色んな葉が書かれているではないか。芸艸堂から発売されている「もみじ」の絵と同じである。その内公開する予定。うれしい一日であった。

11月17日(水) PM21:30 晴れ
AM7:30カエデを見たい人が尋ねてこられた。朝日がさし朝露に濡れてきれいと言いたいが、昨日の枯れ葉が上にのって、ぶざまな姿を見てもらった。夕方あわてて写真撮 影をした。シャッターが8分の1秒になったのでやめた。多分ぶれているだろう。紅葉もしないで落ちる葉が多い。何年たっても全部の写真撮影は出来ない。

11月16日(火) 23:30 晴れ
AM9:30奈良文化会館にて県展写真部の審査をしていた。今回委員長の役目を仰せつかり16:30までかかった。疲れた。庭のカエデの紅葉写真を撮りたいが時間がない。今年も撮れないカエデができそうだ。

11月13日(土) PM22:00 晴れ
午前中、久しぶりにボケッとしてしまった。昼から庭木の剪定をする。簡単な木二本だけで枝葉の片付けまでしたら日が暮れた。
夕暮れのカエデの紅葉は一段ときれいに見える。晴れた日は朝夕が一番だ。

11月12日(金) 22:30
雨後曇り雨上がりは、モミジがきれいなので写真撮影をした。葉の傷みが目立ってすっきりとした写真になりにくかった。興福院参道の小雨はサクラの紅葉をきれいに見せていた。

11月10日(水) 23:50 晴れ後曇り
紅葉の写真撮影をしたが、昼間の 気温が高いので葉の水分が取られ、きれいな葉から縮れる。したがって、きれいな状態での撮影はなかなかできなかった。

11月9日(火) 18:00 晴れ
今日、お昼に奈良の東大寺周辺の紅葉の様子を見に行った。イチョウの葉は、黄くきれいだ。落葉したのもあった。カエデ類は弱った枝の葉は、真っ赤に色付いていたが、元気な枝の葉は緑色であった。クロンされた木(接木)であれば同じ状態で紅葉するが、種子から生まれた木は、それぞれ異なった性質を持ち紅葉も異なる。

11月7日(日) 23:00 晴れ
朝早く目が覚めたので、水やりを終えてから、カエデの葉の写真撮影をした。久しくはりきって、2.5GBのメモリーを使い切った。
11時から、カエデの見物客が2組こられた。総勢19名。これも久々に大声を上げておしゃべりをした。気分爽快。
 
       メールで頂戴した写真。勝手に使わせて頂いています。

11月5日(金) 21:00 晴れ
カエデ置き場の通路に草が生い茂っているので、軽くではあるが取った。水遣りのホースがスムースに動いた。もっと早くすべきであった。反省。
今、葉一枚の紅葉する段階での変化が大変面白い。赤、黄、緑、茶の濃淡が入り混じる。何時かカエデ写真アルバムに乗せたいと思っている。

11月3日(水) 22:30 晴れ
奈良県の漆を塗る人の展覧会を見てきた。ホウズキの繊維だけに漆を縫ったで香合にはびっくりした。螺鈿で菊を描いた文箱。金箔で紅葉を描いた茶入れ。植物が沢山絵模様にされていた。
モネ展も見た。年代を追って展示されていて印象派の絵になる過程が良くわかった。庭に植物を一杯植えて、それを画いている晩年。私もまねをしたいと思う。

11月2日(火) 11:30 晴れ
今日は天気がよいのでユリノキの剪定をした。久ぶるに木に登ったら少々びびった。剪定は3時間ですんだが、枝葉のかたずけにてまどった。
絵葉書の色校正を持ってこられ、1月に出来上がりそう。玩槭庭で命名したカエデを12枚1組お世話になった方々えの進呈用非売品。

11月1日(月)    10:50 曇り
お金の新札がでた。両替してみた。年賀ハガキも発売。感動がない。
ムクゲの強剪定をする。今年の冬にはカエデの棚に変わる場所。ブロック塀の際なので一寸暑がる場所になりそう。
葉の痛み枯れが目だつようになった。枝だけになった木も目だつようになった。
18時から奈良教育大で役員会。2005年の観察会の日取り、場所を決める。

10月31日(日)    08:00 曇り
今朝は、雨に濡れた紅葉した葉が大変綺麗に見えた。思わずカメラのシャッターを押していたら、目まいを起こしそうになった。それもそのはず、1GBのカードが満タンになっていた。たった1時間で。
テツカエデの落ち葉を見て、思ったことは、アッ鉄のさびた色だ。もしかしてこの色から名前を付けたのではないだろうかと。
Acer rubrum"Red Sunset"の種子から育てた実生苗(1m)が、なんと真っ赤に紅葉をするではないか。めっけものである。なんと名前を付けようか。

10月30日(土)   08:00 小雨
 今朝 寝ぼけ眼に思い立ち、このコーナーを作ることにした。
 Acer ruburum A.saccharum A.saccharinum A.buergerianum 系統の鉢植えは、種類によって真っ赤から赤、橙、桃色、白いピンクなどに色付いてい。A.palmatum の枝の赤、黄色の種類は、黄、橙色に色付き 早、落葉を始めた。細い葉のものは、酸性雨に弱いのか所々灰色になり早いものは落葉し枝姿になった。
 玩槭庭にある、ユリノキの葉が半分以上黄色くなり、ちらほら落葉を始めた。ドウダンツツジも赤くなっている。椿も、白玉、加賀佗介が咲き、ノコンギクが満開。ダイモンジソウも咲き始めた。ミカエリソウ、コウヤボウキ、アキチョウジ、シモバシラ、キ
バナノツキヌキホトトギスなどは終わりに近づいた。今年は早い秋本番である。

10月6日
昨日アメリカのカリフォニア州のモミジナーセリーの梅原さんが玩槭庭に来られました。わずか2時間のおしゃべりでしたが、お互いにカエデに対する思いを話し合えたと思っています。雨の中、庭のカエデをはさみ、異なっているもの、珍しいもの、葉色など事細かに話し合ったり、写真を撮られたりされ、楽しかったです。
夏ばてで、のらりくらりと暮らしておりましたが、一寸元気づけられました。

8月24日
今年の天候は不順で体調を整えるのが大変です。何とか、のらりくらり暮らしていますが、雨と風は容赦なくやってきますね。
今年の秋は4冊の雑誌にカエデのことが掲載されます。「大人組kansai」「るるぶ京都案内」「週刊花百花(カエデ)」「家庭画報11月号」参考になれば幸いです。

8月17日
本当に久しぶりで奈良シダの会1泊観察会に参加してきました。早朝出発。8月9日十津川村小原 八幡神社付近と、那知合、猪谷川を観察。那知合にはイロハモミジ、ウリカエデ、オオモミジ。猪谷川ではイロハモミジの自生を見ました。平谷にて宿泊。10日は玉置山に行きましたが、通行止めでしたが、分岐点にコハウチワカエデの自生を見ました。下葛川上流の熊谷に入りイロハモミジ、オオモミジ、ウリカエデ、オニイタヤを観察しました。立合川自然歩道にも入るましたが、落ち葉、落ち枝が多かったのと、ヒルが多く気を取られカエデを見ることが出来ませんでした。
川は濁り、あちこちに山崩れを見ました。帰り上北山村、川上村を通ったのですが、どしゃ降りでした。家の庭は雨の降った形跡もありませんでした。

7月18日
京都の隠れ寺、10件取材で回ってきました。
今頃、カエデの様子を見て回ったのは、本当に久しぶりでした。
緑色のテントを張ったような下を歩くのは、とっても気分の良いものでした。
でも急な階段を上り下りするのはつらかったです。数日後、膝が笑って仕方なかったです。そこで気付いた事は以前、その場所にあった素晴らしいカエデがなくなっていたり、似合わない、赤葉のカエデが植えられていたりでガックリすることもありました。
何よりも気に入ったのが、人が少ないことでした。静かでゆっくり見られて、ストレスが解消します。ぜひ、行って見て下さい。
7月11日
今年も早、半年が過ぎ去りました。歳と共に早く感じます。いやですね。
今日、朝早くから高井さんが来られ、カエデに着くカミキリムシの予防に薬かけをして下さいました。今年は特に多く、相当数の枝がかじられています。薬嫌いの私ですが、おまかせしました。
「草木錦葉集・解説」1977年6月発行 12000円の本が見つかったと言って高井さんから頂戴しました。カエデは一種類で、永縞梶楓黄布 にて書かれています。
原本複写が、上半分にあり、下半分が解説なので、読めない文字が一目瞭然です。原本が途中で発行停止になるくらい素晴らしい本です。
そうそう、今年一番のセミの声を聞きました。暑ーーい感じが伝わってきます。
 

TOP