管理人(矢野正善)報告過去記録

管理人 日誌過去記録 INDEX

2006年1月〜6月

6月28日(水)
昨日菟田野地域事務所に行く。菟田野花卉樹木研究会会員となり菟田野に住む家を拝見してきた。カエデの置き場所のビニールハウス、電柵が設置でき次第カエデと共に移住することが決まった。多分7月中には決行となるだろう。
6月19日(月)
議会が行なわれている真っ最中。最近雨が多く水やりがラクチンだが、気になる
ことが多く、少々精神不安定。色々の方々から新しいカエデの品種を頂いている。
ありがたいことである。
6月5日(火)
最近、オクションでウリハダカエデの斑入、ウリカエデの斑入を入手した。アカイタヤ、エゾイタヤの苗木も入手した。斑入りは山採りなので、将来が楽しみだ。全て菟田野に寄贈する。
5月23日(火)
只今、沈黙の時期に入っております。早々と菟田野行のお祝いにと10名の方からAssista自転車を頂いた。行くまでに練習にとの事です。乗り心地良好感激です。
1月に申し込んだカエデが今日送ってきた。遅いと思ったが苗木の良さに帳消しとなった。今年は雨が多いのでみずやりが助かる。カエデは伸び伸びと通路を覆いかぶさって、かわいそうなほど繁茂している。将来のためには良しとする。
5月6日(土)
浜松の友人ご夫妻が外国種のカエデ11種37本を持って訪ねてくれた。通路にはみ出た カエデを掻き分けながらカエデの話に花が咲いた。うれしくて興奮しっぱなし。その上、夕食をご馳走になり恐縮している。
4月25日(火)
植替え疲れが2日経っても取れない。カエデの写真を撮りたいが毎日風があって うまく写らない。カエデは80%芽が出た。ボケっと見ている時間が多くなった。
4月16日(日)
最近は、雨でも毎日植え替えをしている。もう葉が開ききっている木もあるが、かまっていられない。地面、鉢の中に新しいカエデが沢山生まれている。時間があれば、そっと抜いてポットに植えるが切がない。
4月10日(月)
雨であるうえに、土がなくなったので、今日はお休み。まだ、大きな鉢の植替えが20鉢、小さな鉢が100余鉢ある。昨日5鉢植替えで5袋の土がなくなった。腰、腕が腱鞘炎だが痛いと言っていられない、芽が沢山吹いてきた。写真も撮りたいがお預けである。
4月5日(水)
昨日、カエデの植替え 2名の助っ人により後200鉢となった。
今日は、菟田野地域事務所に出向く、今後の予定を立てる。予定地も見学。
4月1日(土)
今日は朝から夕方まで頑張って植替えをする。1人お手伝いして頂く。鉢が大きく
なると、置き場が困る。最初からわかっていながら進めたので、やりくりが大変。
3月29日(水)
朝から雨が降ったり止んだりで植替え進まず。
3月27日(月)
朝7時に植替えの助っ人2名来宅。すごいスピードで進行したが、大きな木の植替えは、さすがのベテランも疲れたと言って6時過ぎ帰られた。申し訳なく思う。
4分の3が終わった。私は毎日の植替えであるが、一人のときより沢山出来た。
3月24日(金)
毎日植替えと置き場所つくり。腰、肩、腕がパンパンにはれているが気分は悪く ない。鉢のやりくりが一番難しい。枯れたカエデ3本見つかった。つらい。
3月18日(土)
鉢に植わっているカエデは、まだ玩槭庭に居残るため、植替えをやらなければならない。芽が膨らみだしたものが日に日に多くなってきた。何と言っても数が多い。明日、手伝っていただくことになるが、今月一杯かかるだろう。
3月15日(水)
8時にカエデの掘り起しが始まった。さすがに手早く夕方には終わった。
トラックに積まれ立ち去った後、ヤレヤレ気分と、何とも言えない気分である。
3月13日(月)
朝晴天で昼から吹雪。菟田野地域事務所に出向く。快く迎えてくださった。3時間半にわたって予定を立ててくださった。気持ちよく帰れた。うれしい興奮で眠れない。夜中の2時半。
3月11日(土)
昨日は、1日雨だったので、カエデの写真をプリントしていた。目が近距離しか焦点
が合わなくなったと、がっくりしていたが、メガネの掛換えを忘れていることに、気づきほっとする。今日は、知人とカエデを見に行った。
3月9日(木)
市長ほか四名来宅。目的達成に時間がかかりそう。
3月4日(土)
カエデも早、春を感じ芽を伸ばし始めた。芽鱗が割れ3mm葉が伸びたもの、日笠山、琴丸、VIC BROOM、霜降錦、BERRY DWARF、天山錦、夢楽、千代姫、 LITTLE PRINCESS、鹿島八房の10種類。明日は暖かいので倍の数になるだろう。心配である。
2月27日(月)
最近、うつ、そうがかわるがわるやってくる。人が話す言葉であおられる。何かを 懸命にすれば疲れる。しかし、この疲れが最高の薬であるように思う。
2月24日(金)
生き恥をかいてまで、カエデの為に生きれるか自信がなくなった。老いぼれが人生最後のご奉仕と思うが、世の中は、それどころでない時代なのだろうか。
2月13日(月)
宇陀市の市長が、元榛原町長の前田禎郎氏が当選された。おめでとうございます。まずは喜ばしいことである。
2月5日(日)
 昨日、奈良シダの会の会合と懇親会があった。今年の予定と決算、シダの本の発行などお話があった。懇親会では、鹿対策、世間での植物の扱い、園芸品種の扱われ方、図書館の古書、議事録の扱い、植物標本の意義など論じられた。
1月25日(水)
宇陀市菟田野地域事務所が、予定通り進めてくださっているようだ。少し安心。
2001年種子からの苗木の寄せ植えをばらして植え替えをすると数が増えた。
それなりに個々の違いがあって捨てがたい。将来のために役立てれば良いがと頑張る。
1月22日(日)
20日宇陀市菟田野地域事務所の区次長、企画総務課長、担当者の3名が来宅。
引継ぎ、予算取りが不明。予定立たず。
カエデ1600本(また増えた)今年が生き延びるかどうか心配である。
1月16日(月)
カエデの名札の修正、書き換えが、ほぼ終わった。肩こりが激しい。
ホームページのINDEXを軽くした。中々思うようにならないものだ。
大形ポットの見本が入った。これから土の入用分の計算である。円筒面積の割り
出しである。
1月11日(水)
トップINDEXを変えた。もっと軽くするためである。奈良市内中の印字用テープ(36mm巾)を買いあさって毎日打ち直し、修正をしているが、うんざりある。でも大切なことである。
1月3日(火)
カエデの名札の痛みが思ったより多く、正月3日間で200枚、暮からだと500枚ぐらいテブラーで打ち直し、修正をしているが、まだまだある。10年持ったので良しとす
べきであろう。今現在全部で1572枚の名札が付いている。
1月1日(日)
あけまして おめでとう ございます 
このホームページも今年限り、玩槭庭も今年限りです。いよいよ夢の世界へ、さまよい歩きを始めます。目が覚めたとき、何時目が覚めるのか、どのようになっているのか、頬を摘めって痛いのか、皆さんのお役に立てるのか、くたばっているのか、見守ってやってください。また、ご協力よろしくお願いいたします。

 

TOP