管理人日誌/矢野正善

TOP

管理人 日誌過去記録 INDEX

2010年1月 日誌


1月31日〔日)

朝から小雨。あるカエデの本を探したが、あるあずの場所が分らず、整理をかねて探したが昼が過ぎても見当たらなかった。来客あり、あるイベント参加に対し写真貸し出しが出来るかという事と、夢街道に参加等の話があった。夜はPCでの園芸品種写真整理も進まない。一日かかって何一つ出来上がりの無い一日になってしまった。それにしても疲れた。

写真:Acer febri 羅浮槭 中国産 常緑性



1月30日(土)

朝、早やめにハウスの換気、扉を開けた。温度が高い。ハウス内の小さな鉢の植替えを早めにと準備だけをした。午後、食料仕入れと、旧宇太小学校を撮影に行った。正面階段右手の道脇の削った所にシートが張られ、運動場の瓦礫を片付け、工事が進んでいた。

写真:旧宇太小学校のプール脱衣所が壊され、プールにも瓦礫が入っていた。



1月29日(金)

今日は晴天だと聞いたので、朝早くから溜まっている衣類の洗濯をして干す。朝食後、ヤクシマオナガカエデの苗木剪定。第一ハウス内の草抜き等する。午後、来客あり、盆栽、庭木と付き合う事についてのお喋りをしあった。カエデの盆栽が欲しそうだった。

写真:Acer oblongum ssp.itoanum  クスノハカエデは
日本で唯一常緑のカエデ(沖縄)



1月28日(木)

朝から小雨が続いた。PCで園芸品種の写真を品種別に移動させる作業にかかった。昼頃、圃場にガスがかかったので撮影をした。レンズが曇るので拭いては写し、ガスが薄くなったり濃いくなったりするので、のんびり撮っていられない。朝の続き、カエデの撮影は日付ごとに一時保存してあるので品種ごとの仕分けは時間がかかる。1200種類、実生など全部撮れてないが何せ数が多いから何日もかかるだろう・・・・。

写真:カエデ圃場は靄で山が消えた。



1月27日〔水)

朝ー6℃。霜で真っ白だった。解けない内にと撮影をした。手袋をはめていても指先が痛かった。8時半朝食。来客あり旅行帰りで、お土産を頂戴しお話を聞いた。ハウスを見に行くと20℃になっていた。1部潅水をした。入れ替わり来客があり熱心な植物大好き人で外でお話をしていても、それほど寒くなかった。昼食にありつけたのが16時。日がかげると寒かった。夜はPCと格闘だ。

写真:圃場のカエデに霜が着いた。



1月26日(火)

何が悪かったのか、朝から厠通いだ。PCの前に座って整理、図案などして、気分を紛らわしていた。14時ごろ昼食を少し食った頃から止まったが、体がだるい。寒くても圃場に出て仕事をしている方が体はらくだ。頭を使うのは、その後のほうがはかどる。冬場はどうしても体重が増えるんだなア・・・・・。

写真:Acer miyabei クロビイタヤ イタヤカエデの仲間で
はなく、コブカエデの仲間。樹皮がコルク状に成るのが
特色。



1月25日(月)

8時から、第一ハウス内、意外と乾き気味だったので潅水。後、壊れているカエデの名札10数枚の作成。取替えをした。午後は、第二ハウスの棚を補強した。接ぎ木苗の置場となる。パイプを扱うので手が凍り着きそうだった。途中雨もちらついた。何とか日の暮れるまでに出来た。

写真:Acer pictum ssp.taishakuense タイシャクイタヤは、帝釈峡のみ自生。葉の両面に毛があるが特色。



1月24日(日)

今朝方、雪が少し降ったようで地面が白かった。10時半来客。11時半続いて来客。誘って頂いて名張まで買い物に出た。途中食事御馳走になる。近くで買えない物があったが、無い物もあった。帰り、山並みをドライブしてくださった。帰宅後は、家事、用事が待ち構えている、つかの間の休日だった。

写真:Acer pictum ssp.glaucum ウラジロイタヤ
5裂で葉の裏が白い。他のイタヤに比べ小葉。



1月23日(土)

7時半起床。今にも降りそうな一日。「やまとびと」から電話があり、原稿の催促。あわてて書くが未完成。午後買い物に出て、帰り旧宇太小学校に寄って写真を撮っていたら御近所の方からお声をかけて頂き、お話を聞いた。汚れた道を洗い流し綺麗にして終るそうで、喜んでおられた。今夜中に原稿を仕上げねば・・・・・。

写真:旧宇太小学校で工事が始まっていた。道路を広め、遊器具がはずされ、運動場に土が運ばれ均されていた。



1月22日(金)

7時半起床。第一ハウス潅水。ホースのつなぎが、凍てたのかひび割れして漏れていた。枝垂、八房の選び出しを圃場でした。午後、PCに打込み選出できるようにしたが、今だに行方分らないカエデがある。見つかった木もあった。アメリカから質問の手紙が来た。友人に送って翻訳して頂く。返事を書かなくては・・・・。

写真:Acer pictum ssp.mayrii  アカイタヤ  大きな木になり葉も大きく幅広い。日本海側に沿って自生。



1月21日(木)

今朝も朝食後、PCに向かった。あくまでも参考に作ったが、参考まで。午後そのことで役所が来られた。今度は一本づつの場所決めをする作業に入る。これは大変だ。大小によっての場所もある。これは楽しみに変えないと出来ない。

写真:Acer pictum ssp.savatiari イトマキイタヤ葉裏の基部に毛があっるが、他は無い。モトゲイタヤとも言う。



1月20日(水)

今朝も朝食後、PCに向かった。睡眠は5時間とっているので大丈夫。昨夜の出来を見ると、やはり訂正する事が多い。外は洗濯物が良く乾いたので、天気であったようだが、いつの間にか夕方になっていた。やっと3分の1できた。後一つがんばってやろうと思っている。

写真:Acer pictum ssp.dissectum
エンコウカエデ鋸歯は無いが少しフリルがある。葉裏の基部に毛があっるが、葉裏の主脈まで毛があると、f.connivens ウラゲエンコウカエデ



1月19日(火)

昨夜、PCでコピーをとり次の作業を始めた。気が付いたときは2時半だった。それでも7時半には起きた。圃場を一周。それからは一日中昨夜の続きをした。間違いが生じてすっかり消えること度々、指先が思った所に行かない、歯がゆいものである。食事をするのが面倒になる。困ったことだ。

写真:Acer pictum ssp.mono エゾイタヤ
      主脈以外は毛がない。日本海側のみ自生。



1月18日(月)

7時半起床。朝食を早く済ませ、昨日からの続きの、植替えの現物照合をした。霜で手が凍りそうだったが、頑張った。それをPCに打込み12時40分にメール送る。午後、食料品調達を兼ね外食をする。自転車なので風は猛烈に冷たい。鼻水が出て止まらなかった。帰宅後、後始末、洗濯干し、PCでコピーをとり次の作業を始めた。

写真:Acer pictum f.ambiguum オニイタヤ
葉裏一面に短い毛がある。葉裏を2つに折ってルーペで見ると良く分る。



1月17日(日)

6時半起床。今朝も−5℃。ホースの水を少し流しておいたのでハウス内潅水ができた。朝食後、山口県からの来客。裏山にカエデを植えておられ、名所つくりをなさっているお話を聞く。生きものを扱う時の心得として相手(カエデ)をよく知る事。共存を考える事。相手に花を持たす事によって人が集まるなどを、話し合った。午後、布ポットに植替え分をもう一度現場で照合した。夕暮れ、寒さに耐えられなくなり中止。

写真:Acer ausstrale ナンゴクミネカエデの花
          ミネカエデ、コミネカエデの区別は花

   


1月16日(土)

7時半起床。水が出たので溜まっている洗濯物を一気に洗う。外は猛烈に冷たい。メールの質問に答える。来客あり応対。諸々の買い物に八木近くまで連れて頂く。中々揃わない。桜井に大きな店の建設中があった。何でも買える店になるのだろうか。帰り宇陀市の遠望のきく場所を教えてもらったり、神社に立ち寄ったりした。久しぶりに外の風景を見た感がする。

写真:Acer micranthum  コミネカエデの花
        ミネカエデ、ナンゴクミネカエデの区別は花



1月15日(金)

7時半起床。洗濯機断水。昨夜の会議で決まった事をPCで出す。今年植替え分の植替え鉢寸法を、もう一度一本づつ調べる事になった。あれやこれやで何とか表を作りなおし、晴れている間に急いでやらなければならない。圃場の足元は雪解けで滑りやすい。15時ごろ第一ハウス内の小さな鉢類が乾いていたので潅水。ホースはだめ、家の中から水を運んだ。洗濯ものも溜まっている、16時頃やっと水が出たので、はじめたが、干し場が無いので全部出来なかった。彼方此方で中途半端で残っている。

写真:Acer tschonoskii  ミネカエデの花
     コミネカエデ、ナンゴクミネカエデの区別は花



1月14日(木)

やっと起きれたのが7時半。−4℃。温水器のパイプが凍ったのか一滴もでない。スポンジが凍っていた。洗濯機、その他の水も出ない。幸いにも台所の水だけが出た。朝食後、体を温める目的を兼ね道路の雪かきをした。昨日の車の轍が凍ってツルツル。第一ハウスの雪も少し落とした。さすがに上着を脱ぐほど温まったが足の先は冷たかった。昼食14時。来客応対。夜、例会、植替えの件で22時までかかった。前途多難。

写真:第一圃場の雪



1月13日(水)

6時には目が覚めたが、寒くて布団から出られない、7時半にやっと起きた。寒いのではなく痛い。朝は、ちらつく程度の雪だったが、風が冷たかった。昼からは本格的に降ってきた。台所は、一日中0℃。脳みそまで冷えてやろうとする事が出来ない。食事が途中から冷たくなる。熱いコーヒーを飲んでもすぐ出てしまう。暖房は殆ど効かない。下は4枚上は6枚着込んでの話し。酒でも飲まないと温まらないのだろうか。

写真:模擬公園の積雪



1月12日(火)

7時起床。メールでの問い合わせが増えてきた。返信していたら朝食が10時になった。打つ合わせに会長に来て貰った。昨日の続きで電話応答などあり、今日は疲れた。一寸風邪気味で要注意。

写真:Acer palmatum 'O-jhishi' 雄獅子
                    以前は獅子頭だった



1月11日(祝)

7時起床。朝から家中掃除。道路の落葉掃除。10時過ぎ近畿大学から2名来園。調査されたカエデの出生地、比較の相異と特色、同定、雑種の度合いなど16時過ぎまで話し合った。久しぶりに脳の回転が早まったが、疲れるどころか気分爽快だった。原種と園芸品種のDNAによる答えも、私の同定困惑の部分がはっきりと出ていた。思わぬものが同遺伝子であったりする。すごく楽しみである。

写真:Acer palmatum 'Shishigashira' 獅子頭



1月10日(日)

7時半物音で目が覚めた。年賀状を頂いて出してないのをプリントした。400枚も頂いてありがとうございました。今日は体が動かない。昼から日が差して来たのでカエデの胴吹き芽の掻き落しをした。選外カエデの鉢寸法、植替えの有無を少ししたが、名札の番号が見難い。早めにやめた。こんな時は、じっとして元気を取り戻す事にした。部屋の中に居ても足元から痛いように冷えてくるのだからね。寒い。

写真:Acer matsumurae ''Yama-jishi' 山獅子の種子



1月9日(土)

7時起床。午前中、選外カエデの鉢寸法、植替えの有無をPCの記録と圃場とを往復しながら検討した。午後、今年初めて昼食を兼ねて食料、薬の買い物に出かけた。途中色んな方々にお会いし励ましのお言葉を頂戴した。帰宅後、朝の続きをした。薄暗くなると意外と文字が見えなくなる。むりをしないでやめた。

写真:Acer palmatum イロハモミジ朝の霜



1月8日(金)

7時起床。以前から当っていた印刷所に見積をお願いし、見本を送った。晴れた時は良いが曇った時は寒かったが、選外カエデの鉢寸法と植替えの有無を見て回った。中には草取り、胴吹き芽掻きをもしたが、かなり判断が難しかった。16時を回った時分から目がかすんで見えなくなったのでやめた。名札、記録紙、寸法指し、記録紙と距離が変わって見ると、すごく疲れるようになった。途中休むとやる気が無くなるしね。

写真:"Maples"著者:Rosemary Barrett
          写真: Derek Hughes
        出版社: Fireefly Books Ltd. 2004



1月7日(木)

7時起床。毎日朝は冷たい。洗濯物が乾かない。朝食後、昨夜来たメール、「カナダ黄色モミジ」の名前の問い合わせが気になった。色々調べたが、であろうと思われるが、名前が分らない。午前中費やしてしまった。午後は、雪交じりで寒く外作業は無理真野で、選択外のカエデの植替えすべき鉢をPC内で探す作業をした。夕方までかかったが、後は有無、場所、寸法の分らない分のみ。とにかく寒いので体がこわばる。

写真:第一ハウス内の中でも夜は凍るのにバッタが
                       生存していた。



1月6日(水)

7時半起床。朝の外は猛烈に寒かった。長年にわたって頼まれ放置状態だった、カエデの写真のプリントを午前中やった。来客、新年のご挨拶。午後は写真4枚を1マットに貼り付け、額10枚に入れる作業、夕食を途中でしたが22時までかかった。マットが1枚足らないので1額だけ出来なかった。暖房を入れなで作業をしたが、寒いと感じなかった。まだ夢中になれるんだぁ・・?。

写真:霜解けの楓の枝



1月5日(火)

7時半起床。風が強かったので圃場点検したが無事だった。午前中PCと格闘。役所が来られ植替えポットの数字合わせをする。午後、ポットの在庫調べをした。外は寒かった。PCに記録する。取り上げていないカエデのポット寸法も出して必要がある思う。下ごしらえをしておく。

写真:Acer miyabei var.sibatae シバタカエデ
       クロビイタヤと同じく幹皮がコルク状になる。


1月4日(月)

6時半起床。朝から日誌を書く。つられて他のHPを見に行って朝食10時。それからは毎朝の第一ハウス換気開けをする。夕方閉めに行く。一日中HPの増補作業。今日に限った事じゃ無いが中々進まなかった。進めてゆくたびに改良点が見つかる。忘れ物が見つかる。リンクが出来ていない。やることはドンドン複雑になり、体は段々単純化されてゆく。「なにくそ頑張るぞ・・・」と言っておく。

写真:カエデの枝 交雑複雑



1月3日(日)

7時半起床。朝からHPの園芸品種に写真を入れる作業。午後、カエデ八房系の胴吹き芽掻きをした。指先が痛くなったので部屋に戻り、朝の続きをした。夜の1時までやった。それでも20程しか出来ない。どちらも目の使う作業なので首筋がこって後ろを向けない。何時になったら出来るだろうか。

写真:Acer oblongum 中国の常緑ノカエデ



1月2日(土)

7時半起床。割合過ごしやすい朝だった。年賀状の出入れ記入と不足分をプリントした。昼前来客一緒に圃場に出てカエデの枯れ葉が落ちない中にバッタが越冬してるのを見つけたり、第三圃場に椿の咲いているのを見たり、カエデの種子がぶら下がっているのを撮影した。16時になるとさすがに寒い。後はPCと格闘?。

写真:Acer palmatum 'Akebono'
                 あけぼの(4月下旬撮影)



1月1日(金)

8時何とか起きた。首がコチンコチンにこっていた。寝相が悪かったのだろうか。午前中、HPの書き込み修正をした。午後、年賀状が届いたので出したのと、頂いたのをチェックしたら17時までかかった。T氏におせち料理を頂く。夜はS氏の所でご馳走になった。6名の御家族と御一緒させていただいた。昼間は猛烈に寒かったが23時頃はそんなに寒く感じなかった。


写真:カエデの枝に雪




1月1日(金) 2時記

明けましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になったり、ご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。
 カエデも年々成長し大きなポットに植替える必要が生じております。従って置場も必要です。今年も、御近所の御好意により圃場が広くなります。いよいよ移動できる体制に入り忙しくなります。皆さんの御協力なくしては出来ない状態になってきました。よろしくお願い申し上げます。

写真:菟田野 日張山 青蓮寺 除夜の鐘突き

TOP