管理人日誌/矢野正善

TOP

管理人 日誌過去記録 INDEX

2010年3月 日誌


3月31日(水)

昨夜、PCのソフトが動かなくなって、強制終了をして寝たので、朝一番に電源を入れた。物は無くなったがソフトは無事なので作りなおした。写真のプリントを一日かかってやったが、その間来客が3組あり応対。19時でやっと終了にした。飾り付けの小道具を忘れないように、思い当たるものを並べてみたが、かさだかい。減らすと不安。まだ忘れているような気分。明日もう一度点検。

写真: Acer palmatum "Wilson's Pink Dwarf"



3月30日(火)

朝−3℃残雪、氷、凍てつき。ハウス内は逆に乾燥気味、9時頃解けたので潅水する。ハウス内で小苗の植替え。午後、結び絵の出品物点検と看板ポスターの裏側にダンボールを張ったり、アピール用のパネルなど製作。途中来客応対。まだまだ準備が必要。忘れ物の無いように。それにしてもすごく寒い。

写真: Acer tataricum Linnaeus(1753)セントラルアジア、ロシア原産 カラコギカエデに似る



3月29日(月)

朝から冷たい雨、会員が来られたが作業のできる状況ではなかった。昨夜の雨で圃場が泥状。 PCで結び絵に参加する飾り付けの準備。午後、来客応対。後、朝の続き19時までやったがまだ終われない。今日の天気は雨から晴後、曇から雪。今は満月。それにしても猛烈に寒い。

写真:家の縁先から17時写す 



3月28日(日)

朝から雑用を済ませ、投票に出かけた。食料購入、昼食をして帰宅。小苗の植替えなどした。来客応対。19時半、選挙結果を知るために会員と出かけた。開票場を見たのも初めて、当選された方々の瞬間の喜びを分かち合あっておられる姿を見た。雨の中、帰宅したのは日が変わった1時半だった。

写真:Acer morifolium
 
"Yakushima-onaga-kaede Seedling Select"
       ヤクシマオナガカエデの実生斑入り



3月27日(土)

朝霜、氷が張って冷たかった。ハウス内、昨日一部しかやれず潅水。しかし10時まで水が出なかった。その間来客応対。カエデの新芽撮影。夏の接木苗の手入れ。接木の成功、不成功で、これからの扱われ方が変わる。午後からは、第四圃場の水溜りの水抜きと整理整頓、泥まみれになった。途中、カエデの見学客大勢、宇陀市の人だが初めての人が多かった。

写真:Acer palmatum "Wilsons Pink Dwarf"
                       3月27日撮影



3月26日(金)

すごく寒い朝だった。9時に林業技術センター、東部農林の方々が、カエデの奇形(病気?)を調べるための検分に来られた。検査されるのは4月に入ってからとの事だった。昼、郵便局と買い物に車で連れて頂く。午後、会員の車で出かけ、今年の接木を見せてもらった。もう5cmも伸びたものもあった。カメラのレンズが曇って撮れなかった。後、ポスターとチラシ配りに曽爾え出かけた。帰宅後ハウス内潅水。夕方来客あり。慌しい一日だった。

写真:Acer palmatum "Myougi-maihime" 妙義舞姫



3月25日(木)

朝から雪交じりの雨。昨夜は何にもならなかったので、朝飯もそこそこに原稿書き。何回も書き換えたが、頭の中で校正が出来ないまま、12時になったので原稿をメールに添付して送ったが、容量が大きすぎダメのメールが来た、2回に分けて送ると送れた。午後、来客応対。結び会に出品する絵葉書のプリントと、クリア袋に入れる作業。17時、選挙の立会演説に出かけた。夜、選挙の演説会に会員と出かけた。遅い夕飯を食う。

写真:Acer palmatum "Kagawa-nishiki" 香川錦
  四国の香川県から入手 まだ小さいのでどうなるか



3月24日(水)

6時から動き出した。朝から冷たい雨。雑用を出来る限り減らす作業をした。10時来客、共に榛原駅周辺に行きチラシとポスターを置かして貰いに行った。遅い昼食だが御馳走になり帰宅。雑誌の原稿を書くのを忘れていて催促あり。大急ぎで用意した。進むはずが思わぬ事でつまずき、未だ写真を引っ張り出している始末。今夜は何時に寝られるかな?。

写真:Acer palmatum "Oridono-nishiki"織殿錦
 1882年外国輸出用カタログに名前があった



3月23日(火)

5時過ぎから眠れなかったが、体は動かない。7時には床を離れたが体が重い。PCでラベルのデザインをしたが進まない。来客ありチラシを置きに方々え行く誘いを受けたが、今日はお断りした。午後来客2組。16時頃から1時間意識不明?。後、頑張って22年度の日誌帖をエクセルで作った。昨日大勢の方とお喋りしたのと、湿気が多く寒いのが体調を悪くしているようだ。

写真:Acer rufinerve "Owanagi-no-aya"
         オワナギの彩  実生からの斑入り
               (オワナギは屋久島の方言)



3月22日(祝)

6時には目が覚めた。風は冷たいが晴。ハウスの裾は上げてあるが夜露が当らないだけ早く芽が出たカエデがふえてきた。カエデの芽を写す。10時後から入れ替わり立ち代り来客が20名も来られた。カエデの観賞、会員、プリント依頼、選挙関係と17時まで耐えなかった。初めての人、懐かしい人等。夜、選挙の事で集まった。

写真:Acer palmatum "Akane" 茜 
            3月22日撮影 早々と芽吹いた



3月21日(日)

昨夜、雷と暴風雨で3回も目が覚めたが、6時に起きた。圃場は水がたまり、ぬかるみ作業が出来る状態ではなかった。会として選挙応援をするため車に便乗で8時に出かけた。すごい黄砂で遠くが見えない。10時頃は猛烈に寒い風が吹き体が硬直寸前だった。11時帰宅、熱いコーヒーで生き返った。午後、連続来客。夕方、2時間ほど完全に意識不明?だった。

写真:Acer palmatum "Oto-hime" 乙姫
            今年は3月5日に芽が割れだした



3月20日(土)

6時半には起きた。7時朝食。7時半から会員が集まりだし、8時半には、第四圃場のカエデの植替えをはじめた。途中、土が不足し入手までの間にポットを半分埋め込む作業をした。大勢なので土のミキサーがフル回転しても追いつかない。皆さんがこれだけがんばって作業をしているのに、一部の方々は、この姿を見もしないで、批判するのはやめて欲しい。

写真:Acer palmatum "SHIMOFURI NISHIKI" 霜降錦



3月19日(金)

6時半には起きたが、7時半頃から大勢の会員が集まり作業が始まった。第四圃場カエデの植替え。ユンボで穴を掘る、布ポットを配る。土の配合、撹拌、一輪車での運搬、布ポットに補助板を挿し、土を入れる。カエデを入れる、再び土を入れ揺すり、補助板を抜き、土を押さえ名札を刺す。カエデは古ポットから抜く作業、根を切る作業、木を運ぶ作業。大変な重労働で腰痛になりやすい。17時終了。全員くたびれた。

写真:Acer palmatum "KINGSVILLE VARIEGATED"
斑入りを頂いたが少ししか入らない



3月18日(木)

8時前に迎えの車で出かける。集合8時半バスにて出発。松原ー吹田ー京都市左京区吉田神社横 招喜庵(庭園美術館)−京都市北区光悦芸術村しょうざん庭園(昼食)ー京滋バイパスー新名神高速ー25号線ー宇陀市ー帰宅(19時半)
石庭の組み石が幾つもあり、将来?の参考のために写真を撮った。長時間のバス中は我慢の時間だった。

写真:宇陀花き植木組合視察研修 森重三玲庭園美術館 しょうざん庭園



3月17日(水)

6時半起床。朝霜又も寒さぶり返し。昨日の大風で道路に常緑の落葉、道路掃除をした。第四圃場点検、大きな木が1本倒れていたのと、ユンボに雨除けをしていたシートが飛んでいた。手直しをする。植え込みの穴には一杯の水が溜まっていて作業は出来ない。午後はカエデのための選挙のお手伝い。昼食抜きになった。

写真:Acer palmatum "KOTOMARU" 琴丸
           雨よけのハウス内で葉が開き始めた



3月16日(火)

6時過ぎに眼が覚めた。ハウス内潅水。ハウス内の彼方此方で芽吹きが始まった。草取りをしながら観賞する。昼前後体調が整わない。1週間分の洗濯を3回に分けて何とが干した。午後、少し寒く小雨が降っていたが、ヤクシマオナガカエデの小苗の剪定をした。17時過ぎまでやった。何かしている方が気分が良い。

写真:Acer palmatum "KAGAWA NISHIKI"
        香川錦 香川県より入手 斑が良く入る



3月15日(月)

7時半やっと目が覚める。昨夜寝床に入ったのは3時だった眠い。どんより曇っていたが、午前中休み無しで第四圃場の植替えの出来た畦の地ならしをした。電柵の線がはずれポールが一本折れていた。鹿が暴れたようだ。修繕。午後、旧宇太小学校の工事現場に立ち寄り、銀行、食料買出しに出かけた。帰り小雨にあったが、さほど濡れずにすんだ。帰宅後、来客応対、茶事に使う杉材で作った「へぎ生地八寸」の話など。

写真:Acer palmatum "GOSHIKI KOTOHIME"
         五色琴姫 斑入りであるが中々出ない。



3月14日(日)

6時起床。ハウス内の盆栽を外に出した。8時来客。10時来客、昼食御馳走になる。。13時来客、第3圃場の花を撮影する。14時来客、共にお茶タイム。来客応対。第一圃場整備。17時半来客チラシとポスターを取りに来られた。18時会長と共に寄合に出かける。20時帰宅夕食をして居眠り、気が付けば日付が変わっていた。あわただしい一日、入れ替わり立ち代り15名の来客があった。

写真:Acer rubrum アメリカハナノキ 雄木
         第三圃場を覗きに行った咲いていた。



3月13日(土)

6時起床。8時から会員8名により第4圃場のカエデ植替え。ミクサーにて土作り、小型ユンボにて穴掘り、カエデの根切り、布ポットに植える作業、地ならし等、足場の悪い中で、どれにしても力仕事。昼前、近畿大学がDNA報告に来てくださった。すごく興奮した。午後、半数での植替え作業、体がなれてきたのか、スピードがあった。

写真:Acer palmatum "BERRY DWARF"
           3月10日撮影今年の芽吹きは早い



3月12日(金)

6時起床。8時来客。9時会員3名にて、第四圃場の植替えの準備、ミキサー、バークミンその他を第一圃場から移動、ミキサの据付、植える間隔を測り杭を刺す。土の用意もされた。午後、第一ハウス内一部潅水、すごく乾く鉢が出来てきた。来客あり応対。後第一ハウスの裾ビニールが二重になっているのを1重にする。結構気の使う作業だった。夕刻、道路に杭を作るため笹の枝葉が一杯落ちたので清掃。18時までかかった。

写真:JAPANESE MAPLES 第4版



3月11日(木)

6時半起床。9時に植替え用の土(パーライト)が来た。第二圃場に4人がかりで運ぶ。会長が来られ役所と打合せ。午後、カエデの小苗に名札を書いて立てる作業。後、第二圃場の番号札を木にぶら下げる作業。後、第二ハウスの中間仕切り用にポールを立てた。夜、例会。植替え日取り、イベントポスター出来上がり、等々結構時間がかかった。
             
写真:Acer truncatum Bunge (1833) 元宝槭
中国原産 写真は鋸歯が1,2あるが無いものもある
エンコウカエデによく似ている 秋撮影



3月10日(水)

7時起床。小雨で、すごく寒い。朝食後、第一ハウス内潅水。芽が動き出したので接木は終了にし、特に大切な小苗の植え替えをした。午後、八房系が芽を割り葉が出てきたので撮影をしていたが、霰が降り出し、第二ハウス内で仕切りを作る作業をやりかけたが、雪に変わり道具や材料を運ぶのが厄介になってきたので中止をし家に入った。暖房のきいた部屋に入ると居眠りをしたようで時間が飛んでしまった。
             
写真:15時頃から雪 模擬公園撮影



3月9日(火)

7時半、体重が重くおきそびれた。朝食後、神話の会に頼まれた写真を選びプリントに入った。その間、来客あり応対。中食後、来客あり応対。入代り来客あり応対。合間に写真選択、写真の修整、プリントして19時終わった。来客には色んな話を聞かせてもらった。外は一日中、冷たく小雨が降っていた。なぜか眼が非常に疲れた。
             
写真:Acer triflorum Komarov (1901) オニメグスリ 三花槭 中国、朝鮮半島南部原産 メグスリノキとミツデカエデの両方の特色がある。



3月8日(月)

6時半起床。寒かった。朝食後、第二ハウス内片付け。9時半会員が来られ第一圃場のカエデが風で倒れた事があるのでポットを半分地面に埋め込む作業をした。17時までかかった。16時役所が来られ布ポットを撮影された。一寸腰にきていたが動いている方が、気分的によかった。夕食前に居眠りをしてしまった。
                 
写真:Acer tataricum ssp. semenovii (Reg. & Her.) Murray(1982) 天山槭 西南アジア原産



3月7日(日)

6時半起床。雨で体調が整わない。8時半会員の車で選挙事務所開きに2箇所参加。帰宅後、会長、会員と共に打合せをした。午後、来客応対、有識者会議を開くよう進められた。やっと体調がよくなったかと思ったが、急に冷え込んだから夕方から下痢で力が入らなくなった。自分自身の体調管理は難しい。
                 
写真:Acer tataricum Lin. (1753) タタリアンメープル 
      南東ヨーロッパ原産 カラコギカエデに似る



3月6日(土)

6時半起床。朝から雨。ここ数日とれない肩こりから耳の後側の痛みを紛らわすためにも動いた。第一圃場内の整理整頓、剪定。午後は接木をした。台木は、夏の失敗をした台木を使ったが、意外と根を切るのに時間がかかった。土の用意などしていると15時になった。それからの接木なのと雨で雲がたれ明るさが不足して見づらく17時まで頑張ってやた。夜、日張山の写真が欲しいと来られた。

写真:Acer spicatum Lamarck (1786)
       マウンテンメープル 北アメリカ東部原産



3月5日(金)

6時半起床。生暖かい。ハウスの裾のビニールを毎日上げるが夜露でびっしょりと濡れていた。会員が8時前に来られ、第一圃場のボットの置き場所を輪ッかの色別に置くため移動作業をした。湿度の高いうえに力仕事なので汗が止まらなかった。午後、山草会に参加し草木の潅水、土、置き場所が種類によって異なる、扱いを教わった。草木の好む扱いを把握しないと、あっと言う間に枯れてしまう経験者の話だった。

写真:Acer sinenais 外国の図鑑を見ても見当たらない もう少し大きく成長させて正したい



3月4日(木)

6時半起床するなり、PCを動かし昨日の続きをした。途中朝食をとり、訪問者ありカエデの接木の方法を伝授した。布ポットが届く。ダンボールに入っているので第2圃場の雨のかからない場所に運び込む。昼、風が強く小雨がちで第一圃場の並べただけのポット植えカエデが多量に倒れていた。地面を平らにし安定を良くした。途中来客、夕方再び風で倒れたので半分埋める方法をとったが雨がひどくなったので起こすだけでやめた。

写真:Acer tataricum ssp.semenovii
        
(Reg.&Her.)Murray(1982)NIS諸国原産



3月3日(水)

6時起床と同時にPCにて申告用の経費整理。7時半朝食をとり、続きをする。15時半役所の方と会長が来られ話し合われ第一圃場は整頓と、倒れよけに少し埋める作業を指示された。来週から第4圃場の植替えに入る。今年植替えの出来ないカエデが沢山出る。ポットから出た根を切ってそのまま植替え無で移動している。強い木はそれでも大丈夫だが、弱い木は枯れる恐れがあり心配だ。弱いカエデほど綺麗な葉を出すから。

写真:Acer saccharum ssp.nigrum (Michaux f.) Desmarais (1952) ブラックメイプル 北アメリカ産



3月2日(火)

6時半起床。降りそうで降らない曇日,気温が高くなったので、ハウスの裾を上げ潅水をする。昨日一部植替えをしたので通路の掃除をした。第一圃場内の植え替えたポットが汚れているのを洗い流し、昨日植替えたポットは、下穴が濡れていないので潅水と整理整頓をした。役所が写真撮影に来られた。夕方からは納税帳簿整理。睡魔との闘い。

写真:Acer pseudosieboldianum (Pax)Kom. (1904)
紫花槭 中国北朝鮮寄り原産地 日本のコハウチワカエデに似ている



3月1日(月)

6時半起床。8時半集合。植替え作業に入る。会員6名にて第一圃場色ラベル付きカエデは、昼休みを取りながら17時にて植替えが終わった。途中土が不足し購入をお願いした。雨も何とか降らずに終えられた。

写真:Acer platanoides Lin. (1753) ノルウエーカエデ、ヨーロッパカエデ ヨーロッパからアジアに自生 園芸品種もかなりある


TOP