矢野正善流の棚作り

 地面を平らにしブロックを1m間   隔に並べ、支柱を土まで差込み
 垂直にたてる。、
 穴を3分の2まで粗砂で埋める。
 残る穴を、少しやわらかめのコン
 クリートで埋める。少し盛り上げ
 ておくと、水はけがよく支柱がさ
 びにくい。
 上にT字形に台を作る。上にパイ
 プを並べ、前後左右水平にする
 こと。台と支柱に筋交いを入れる
 とより頑丈になる。

 パイプは3から4本並べ鉢の大
 きさにあわせ、留め金で固定す
 る。1.5m間隔で止めている。
 パイプの端は台よりあまり出さないほうがよい。支柱もできるだけ端
 のほうがよい。棚下には草を、はやすようにすると鉢の土が乾燥から
 免れる。鉢の温度も上がりにくい。棚の高さは見やすいたかさにする。

TOP        年中作業